第16回(平成28年7月28日配信)免許・資格職(保育士)

所属は?

保健福祉局子育て支援部保育課 周山保育所

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(女性)
平成26年4月~:保健福祉局子育て支援部保育課 改進保育所
平成28年4月~:保健福祉局子育て支援部保育課 周山保育所
※平成28年7月現在の内容です。

ある1日の流れ

時間 仕事
7:00~9:30 登所児受け入れ・体調等の連絡事項を保護者から聞き,その日の様子を知る
9:30~ 自由遊び・クラス活動など
11:00~ 給食
12:00~ 午睡
13:00~ 昼休み
15:00~ おやつ
16:00~18:00 自由遊び・クラス活動など
順次降所・その日の様子を保護者に伝えて見送る

仕事内容は?

 IMG_41970・1・2歳児混合クラスの担任をしています。生活面や遊びなどをサポートし,成長に寄り添う中で,発達を促すだけでなく,「やってみたい。」という意欲や,「楽しいな,嬉しいな。」という満足感等を感じられることを大切にし,心を育てる保育をしています。保護者と子どもの姿を話し合ったり,子育ての悩みを聞くことで,子育て支援をすることも重要な業務の一つです。

職場の雰囲気は?

(職場の男女比 男性0名 女性13名)
 周山保育所は,乳児11名,幼児28名が在籍しており,職員は13名(うち調理師3名)で,アットホームな雰囲気です。少人数なので,職員間の距離感が近く,仕事のことはもちろん,プライベートのことでもざっくばらんに話ができる風通しの良さがあります。

仕事のやりがいはどんなこと?

 子どもの姿は十人十色で,毎日違った姿を見せてくれます。昨日やりたくなかったことでも,今日やってみようとする姿,「せんせい,できたよ。みて!」という表情など,その瞬間にしかない子どもの様々な姿に触れられることがやりがいだと思います。IMG_4228

仕事の中で困難だったことは?

 子どもたちの命を預かるという責任ある仕事です。朝出会った姿のまま,保護者のもとへ送り返さなければいけません。怪我や体調の変化などがないように配慮します。その責任が重圧に感じると同時に,その分使命がある重要な仕事であると気を引き締めて業務を行っています。

ワーク・ライフ・バランスのためにどんなことを?

 休日には友達と出かけたり,趣味のよさこいやバドミントンなどの活動に参加して身体を動かし,リフレッシュするようにしています。余暇を充実させることで,また仕事を頑張ろうという活力になったり,趣味でやっていることが仕事にいかせたりします。

就職先として京都市を選んだ理由は?

 生まれ育った町である京都市が大好きだということが第一の理由です。また,学生時代の実習で京都市の公立保育所で学び,子ども一人一人の思いに寄り添い,心を育てる保育に魅力を感じ,このような環境で働きたいと思ったことも大きな理由です。

京都市で働く魅力は?

 保育士は保育所以外に児童福祉センターなどに異動があり,多くの出会いや様々な経験を積んだ職員から話を聞くことができます。また,私自身,全く環境の違う保育所に異動したことで新たに気付けたこともあり,柔軟に学び続けられることは京都市で働く魅力だと思います。