第19回(平成28年8月18日配信)学校事務職

所属は?

京都市立洛北中学校

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(男性)
平成27年4月~:京都市立衣笠中学校 
平成28年4月~:京都市立洛北中学校 
※平成28年8月現在の内容です。

ある1日の流れ

時間 仕事
8:00~ 出勤,メールチェック,1日のスケジュール確認
8:25~ 職員朝礼(学校のスケジュール確認)
管理職と打合せ(職員の出張等の確認)
伝票の処理等の定型業務
11:00~ 購入物品の確認,計画,関係書類作成等の業務
12:00 昼休み
13:00~ 文書交換便の収受等の業務
預り金などの入出金の経理業務(銀行で手続)
15:00~ 教員との連絡調整
物品発注,関係書類の発行依頼等の連絡業務
1日の業務確認,メールチェック,明日のスケジュール調整
17:00 退庁

仕事内容は?

 学校の消耗品や備品・施設維持などの学校予算や,教材費等に充てるために保護者の皆様からお預かりした預り金などの管理をしています。他にも教職員の給与・福利厚生や出張旅費に関する事務,生徒の就学援助に関する業務も行っています。生徒の教育環境や教職員の職場環境を整える大切な業務なので,責任感を持って日々過ごしています。

 

職場の雰囲気は?

学校正面

学校正面

 (職場の男女比 男性27名 女性36名)
 現在私が勤務する洛北中学校は生徒数約850名,教職員63名の大きな学校で,廻りは山々を見渡せる自然豊かなところです。まだ配属されて4箇月ですがPTAや後援会など,地域の方々との結びつきが強い学校だと感じています。保護者の教育的関心も高く,多くの方々に見守られているとても温かな学校だと思っています。

仕事のやりがいはどんなこと?

 事務職員という言葉から受ける印象とは全く違い,日々新しい出来事の連続です。学校運営という大きな視点から生徒や職員を支える大切な仕事だと感じています。生徒との関わりは主に業務を通じてですが,学校行事等の学校運営に積極的に参画していくことで,生徒や学校教育により深く関わることができるようになります。生徒と共に自分自身も成長できる仕事だと思います。

 

仕事の中で困難だったことは?

職場の様子

職場の様子

 事務職員が各校一人配置であるため,自分の業務は自分で判断しなければいけない点が難しいところだと思います。学校経営に関わるという,ある意味完璧な正解のない問題に取り組む責任はとても大きなものだと感じています。しかし,学校の教職員だけでなく他校の職員とも相談できる環境が整っているので,不安になることもありますが,業務を進めることができています。

ワーク・ライフ・バランスのためにどんなことを?

 学校事務職員は自身の仕事のスケジュールを自分で判断しなければならないので,管理を誤ると仕事に追われることもあります。しかし,うまくコントロールできれば仕事と休暇のメリハリはつけやすい職種だと思います。また,仕事を家庭に持ち込むことはありませんので休日はしっかりとリフレッシュできています。

就職先として京都市を選んだ理由は?

 自分が生まれ育ちお世話になったまちを,住民として,そして職員としてより良くしていきたいと思ったからです。教育という京都市の未来のためには必要不可欠な分野に自分の手で携わり,支えていきたいと考えたため,京都市を選びました。

京都市の学校事務職として働く魅力は?

 「一人一人の子どもたちを徹底的に大切にする」という本市の理念の下,日々熱心に指導されている教員の方々の手助けができるところです。また,京都には昔から地域と共に子どもを育てるという文化があり,この素晴らしい文化をいかした教育に携われるところは大きな魅力だと思います。