第12回(平成29年4月14日配信)一般技術職(電気)

所属は?

交通局高速鉄道部電気課

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(男性) 
平成26年4月~:交通局高速鉄道部電気課
※平成29年4月現在の内容です。

ある1日の流れ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テストルーム検証用機器での動作テスト

時間 仕事
8:45 出勤,係内ミーティング,メールチェック
9:30 機器メーカと打合せ
12:00 昼休み
13:00 テストルームにて機器の動作テスト
16:30 帰庁 テスト結果の取りまとめ
17:30 退庁

仕事内容は?

 情報通信係に所属しており,お客さまが地下鉄に乗車される際に利用される券売機や,改札機などの駅務機器の更新・移設,及びICカードを用いた新サービスに対応するため,機器の改造に係る動作テストなどを行っています。
  業務の内容によっては,相互直通運転を実施している近鉄・京阪など,他社の駅務機器担当者と協力することもあります。

職場の雰囲気は?

 (職場の男女比 男性20名 女性1名)
  信号保安係・電力係・情報通信係の3係に分かれ,地下鉄施設やバス営業所などの電気・通信・信号に係る業務を担当しています。
 係が違えば,要求される知識が違ってきますが,皆さん優しく,自身の担当業務や得意分野を教えていただけて,気さくに話ができる職場です。

仕事のやりがいはどんなこと?

 機器の更新完了後や新サービス導入後に,「便利になった」「利用しやすくなった」などの声を聞くと,やりがいを感じます。
  交通局の機器や設備の中で,お客さまに最も近い『モノ』の1つであるからこそ,実感できることだと思います。

仕事の中で困難だった出来事は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

駅務機器サーバのデータ確認作業

 今年度よりサービス開始となったICOCA定期券,ICカードによるバス・地下鉄乗継割引など,複数サービスの同時オープンに向けて,昨年度は忙しい時期が続きました。
 係長を中心に綿密に業務計画を立て,優先すべき業務や注意すべき着眼点を教えていただきながら,チームとして連携して業務を遂行したので,無事にサービスを開始することができました。

ワークライフバランスのためにどんなことを?

 毎週水曜日は定時退庁日として,上司の方が率先して業務を切り上げ,帰宅できるように取り組んでいただいています。勤務後は職場の方と一緒にスポーツをしたり,友人と食事に出かけたりしています。

就職先として京都市を選んだ理由は?

 地元に近く世界でも有数の観光都市であること,親族が働いていて身近な存在であったこと,鉄道業界に興味があり,地下鉄・バスを運行している交通局があったことが理由です。
  世界中からお越しになるお客さまの旅の足として,そして京都市民の日常の足として利用されている京都市交通局を志望しました。

京都市で働く魅力は?

 桜や紅葉のシーズンには,京都駅などでお客さまへの案内業務も行います。その際に,世界中から日本の歴史的遺産や古き良き文化を求めて来られた,たくさんの観光客の方を見ると魅力的な都市だと実感します。
 日本の歴史や伝統を守りながら,京都の発展に貢献できるのが魅力だと思います。