第16回(平成30年7月26日配信)免許・資格職(保育士)

所属は?

子ども若者はぐくみ局幼保総合支援室 改進保育所

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(女性)
平成25年4月~:山ノ本保育所
平成28年4月~:改進保育所
※平成30年7月現在の内容です。

ある1日の流れ

遊戯の様子

時間 仕事
8:30 出勤,登所児の受け入れ
9:00 その日の活動(庭園遊び,散歩,感触遊びなど)
10:40 給食
11:20 順次午睡
12:00 休憩
14:45 おやつ
15:30 自由遊び,順次降所
17:15 勤務終了

仕事内容は?

 1歳児の担任をしています。一日を共に過ごすなかで,基本的生活習慣を大切にしながら,子どもの思いに寄り添い,受け止め,子ども達が安心して過ごせるように関わっています。
 毎日の送迎時に,保護者の方と子どもの成長について話したり,悩みを聞いたりするなど子育てのサポートも行っています。

職場の雰囲気は?

 (職場の男女比 男性3名 女性40名)
 職員数が多く,若手の職員からベテランの職員まで年齢層も様々です。悩んだときには,ベテランの先輩職員に悩みを聞いてもらうことが出来ます。また,後輩の職員に教えることで,自分の学びにつながったりして毎日楽しく保育が出来ています

仕事のやりがいはどんなこと?

 子ども達と信頼関係を築いていくなかで,仕草や表情で思いを伝えてくれたり,たくさんの笑顔を見せてくれたときに嬉しさを感じます。保護者の方との関わり合いのなかで,共に子ども達の成長を喜び合えた時にやりがいを感じます。

仕事の中で困難だった出来事は?

 子ども達に対する関わりがそれで良かったのかと不安になったり,もっとこうすれば良かったと思うこともたくさんあります。そんな時は,同僚に相談しています。ただ,どんな時でも,子ども達の一人一人の思いを受け止めることを大切にしています。

仕事をして,「ためになった」と思う出来事について

 子ども達の心と寄り添いながら保育をすることで,一緒に笑ったり,喜んだり,時には悲しんだりといろいろな感情を共に感じ,日々を過ごしています。
 子ども達の心と触れ合うことで自分自身の心も豊かになっているように感じます。

就職先として京都市を選んだ理由は?

 私は他府県出身のため,京都市がどのような保育をしているか知りませんでした。区役所へ行った際,京都市の保育士が,地域単位で子育て支援事業に取り組んでいる話を聞いて,ここで働いてみたいと興味を持ったことがきっかけです。

京都市で免許・資格職として働く魅力について

園庭の様子

 職員の意識が高く,研修の機会も多くあるので,就職してからも保育の勉強をすることができます。異動で保育所以外の施設に配属されることもありますが,新しい出会いや人とのつながりが増えていく中で,多くのことを学ぶことが出来ると思います。