第18回(平成30年8月9日配信)一般技術職(土木)

所属は?

建設局道路建設部 道路環境整備課

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(男性) 
平成25年4月~:建設局 北部土木事務所
平成28年4月~:建設局 道路環境整備課
※平成30年8月現在の内容です。

ある1日の流れ

時間 仕事
8:45 出勤,メールチェック
9:00 資料作成
12:00 昼休み
13:00 現場調査,確認
15:00 帰庁,調査結果等の資料作成
17:30 退庁

仕事内容は?

 京都市内の道路におけるバリアフリー事業,無電柱化事業,自転車通行環境整備事業といった事業を行っております。その中で私は,バリアフリー事業に関する計画業務を担当しています。バリアフリー工事が着手する前の段階で,その道路に対してどのような整備ができるかなど,具体的な検討を行っています。

職場の雰囲気は?

 (職場の男女比 男21名 女性4名)
 道路環境整備課は6つの係に分かれており,様々な業務を行っています。職員全員にまとまりがあり,同じ目標に向けて日々を過ごしています。多忙な業務ではありますが,コミュニケーションが絶えずあり,みんなで楽しく仕事をしています。

仕事のやりがいはどんなこと?

 市民の皆さまがご利用されるにあたって,どのようにすればより良いものになるかを検討し,その結果が目に見える形として完成した時,喜びとやりがいを感じます。

着工前

完成

仕事の中で困難だった出来事は?

 多種多様なご要望を頂きますが,すべてを解決することは,あらゆる観点からどうしても困難な場合があります。そのような時に,対応の難しさ,歯がゆさを感じています。

ワーク・ライフ・バランスのためにどんなことを?

 定時退庁日や休暇を活用しながら,自分の趣味の時間に費やしたりしています。また休日などには,市の野球部のチームで活動をしたり,友人と旅行をするなどをして,心身をリフレッシュさせています。

就職先として京都市を選んだ理由は?

業務の様子

 私は京都市の出身ではありませんが,学生の時などに京都市を訪れる機会が多くあり,京都市特有の歴史ある町並みや文化などを知ることが出来ました。
 そこで将来は,これらをもっと身近に感じながら仕事をしたいと思い,京都市を選びました。

京都市で働く魅力は?

 京都市は日本国内のみならず,世界中からたくさんの観光客が訪れる,日本の代表的な都市です。そんな世界中から注目されている都市の職員として働けることに,やりがいと魅力を感じています。