第21回(平成30年10月11日配信)一般技術職(機械,民間企業等職務経験者)

所属は?

都市計画局 公共建築部 公共建築整備課

役職(性別),これまでの経歴は?

係長(男性)
平成27年4月~:保健福祉局医療衛生推進室医務衛生課(地方独立行政法人京都市立病院機構へ派遣)
平成29年4月~:都市計画局公共建築部公共建築整備課
※平成30年10月現在の内容です。

ある1日の流れ

時間 仕事
8:45 出勤,メール確認,朝礼(1日の業務の確認)
9:00 設計図面の作成
12:00 昼休み
13:00 工事現場へ移動
14:00 工事現場の確認
16:30 帰庁,工事関係書類の確認
17:30 退庁

仕事内容・担当業務は?

工事現場の確認

 公共建築整備課では市内の老朽化した公共建築物(庁舎・学校等)の改修工事を行っています。その中でも私は機械技術職員として,空調機器・衛生機器・給湯機器等の機械設備の改修工事を担当しております。
 仕事内容としては,工事設計図面の作成・工事費の積算から工事監理までを行っています。

職場の雰囲気は?

職場の風景

(職場の男女比 男性29名 女性9名)
 上司や同僚は顔が見える位置にいて,何でも気軽に相談しやすい雰囲気です。
 また,職場には建築職,電気職といった異なる職種の技術職員がいます。それぞれの専門性を活かして一緒に業務を進めていくので,普段から他職種の方とも会話をする機会が多くあり,明るい雰囲気の職場です。

仕事のやりがいはどんなこと?

 改修工事は既存施設を対象としているため,既存設備の設置状況や施設運営条件等,様々な制約条件が存在します。想定外の問題が生じて設計通りに工事が進捗しないことも多々ありますが,生じた問題を解決し工事が完成した時にはやりがいを感じます。

仕事中で困難だった出来事は?

 児童館の便所改修です。区役所や老人福祉センターが入居する複合施設であったため,各施設の利用者に迷惑が掛からないように,工事計画を立て,工事監理をするのに苦労しました。

民間企業との働き方の違いは?

打合せの様子

 時間・人材・予算等限られた資源を有効活用し,業務を遂行し,最良の結果を出すという意味ではどちらも同じです。前例に捉われず,効率よく業務を行うために改善できることはないかを考え,邁進して仕事に取り組んでいます。

京都市を選んだ理由は?

 京都は学生の頃からよく足を運び,身近に感じていました。また,全国の中でも豊かな歴史と伝統を持つ屈指の都市であり,そこに他の都市にはない魅力を感じ志望しました。

京都市で働く魅力は?

 京都市は世界的にも注目される歴史ある魅力的な観光都市です。歴史ある建物も多数あり,古い町並みを大事にしながら,新たなまちづくりの一翼を担えるのは非常に魅力的です。