第1回(令和2年3月10日更新)一般事務職(行政)

所属は?

環境政策局 循環型社会推進部 西部まち美化事務所

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(男性) 
平成30年10月~:環境政策局 循環型社会推進部 西部まち美化事務所
 
※令和2年3月現在の内容です。

ある1日の流れ

時間 仕事
8:00 出勤,メールチェック
9:00 決裁確認,庶務業務
12:00 昼休み
13:00 照会への回答,計理業務
16:45 退庁

仕事内容は?

 ごみ収集員をはじめとした約80名の職員の管理業務及び市民対応が主な業務内容です。管轄区域が右京区全域と中京区の半分と広いので,市民からの問い合わせ内容も様々です。
 京都の町を綺麗に保つための一助を担っている自覚を持ち,一つひとつの仕事を丁寧に行っています。 

職場の雰囲気は?

(職場の男女比 男性 83名  女性 2名
 非常に和気あいあいとして活気があり,笑顔が絶えない職場です。
 また気軽に質問もでき,丁寧に指導していただける風通しの良い職場です。

仕事のやりがいはどんなこと?

 問い合わせに対応した市民の方,相談があった職員などから多くの感謝の言葉をいただけることが仕事のやりがいです。
 パソコンとにらめっこする仕事ではなく人と接する仕事なので,難しい反面やりがいも大きいです。

仕事の中で困難だった出来事は?

 ごみ処理業務等の知識がなかったので,最初は専門用語やごみ処理に関する常識を身に着けることに必死でした。
 また,マニュアルにないイレギュラーなことがおきることもあり,苦戦しましたが,周りの職員や上司に助けてもらいながら乗り越えることができました。

ワーク・ライフ・バランスのためにどんなことを?

 所属する事務所の管理係は係長含め3名おり,相談しながら休みをとるようにしています。
 また,育児休暇や介護休暇を取得する職員も多く,ワーク・ライフ・バランスが整った職場です。

就職先として京都市を選んだ理由は?

 府県をまたぐ大きな異動がなく,生まれ育った京都で誇りとやりがいを持って働けることに魅力を感じ志望しました。

京都市で働く魅力とは?

 京都にお住まいの市民の方だけでなく,観光客への施策にも全国でトップクラスの力を入れています。
 また,地球温暖化対策やSDGsなど地球規模の取り組みにも尽力し,高い評価を受けています。日本を代表する都市である京都の発展や成長の一助となれることに魅力を感じます。