第6回(令和2年3月30日更新)一般事務職(行政)

所属は?

上下水道局 総務部 職員課

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(女性) 
平成26年4月~:上下水道局 総務部 総務課
平成29年4月~:上下水道局 総務部 職員課
※令和2年3月現在の内容です。

ある1日の流れ

時間 仕事
8:30 出勤,メールチェック
9:00 給与支給事務,担当ミーティング
12:00 昼休み
13:00 手当等の申請認定作業,資料作成
17:15 退庁

仕事内容は?

 上下水道局に勤務する職員の給与支給事務及び人件費の予算決算事務等を担当しています。
 手当の申請認定や年末調整等を通して,職員の生活に深く関わることになるので,職員のプライバシーを必ず守ること,職員の相談に対してわかりやすく説明することを心がけています。

職場の雰囲気は?

(職場の男女比 男性10名  女性9名
 上下水道局の部署の中では女性の割合が多く,同年代の職員が集まっており,和気あいあいとした風通しの良い職場です。
 特に給与厚生担当は,担当者全員が一つになって給与支給事務を行うため,上司や先輩・後輩の分け隔てなく話をすることができます。

仕事のやりがいはどんなこと?

 給与は,職員の生活に関わるので,毎月正しく支給するために緊張感を常に持って,支給事務に取り組んでいます。細かいチェック作業も多いですが,毎月正確に支給ができ,年末調整を無事に終えると達成感があります。

仕事の中で困難だった出来事は?

 給与計算にはシステムを使用していますが,システムではカバーできない部分もあり,毎月個別に細かいチェックをすることに苦慮しています。
 上司や先輩と日々,より効率的かつ正確に給与計算をできる方法を模索しています。

ワークライフバランスのためにどんなことを?

 給与厚生担当は,毎月の給与計算のスケジュールが決まっており,計画的に休みを取得することができるので,平日の旅行や音楽ライブを鑑賞する予定が立てやすいです。
 繁忙期以外には,定時退庁して職場の先輩とお酒を飲みに行くことも多いです。

就職先として京都市を選んだ理由は?

 行政の立場で,京都市に関わりたいという思いと,京都市は政令市で規模も大きいので,さまざまな仕事を経験できると思い志望しました。

京都市で働く魅力は? 

 私は京都市で働く前から今もずっと京都が好きなので,仕事を通して京都市に貢献できることが魅力です。
 また,職場で出会った人に,知らなかった京都の魅力をこれまでたくさん教わってきたので,京都好きには,より京都の魅力を知ることができる最高の職場だと思います。