電気職・機械職の現場見学会について(令和2年2月開催)

「さぁ,見てみよう!最前線の現場~思わず行ってみたくなる技術職場探検ツアー~」と題して,技術職員に興味のある学生に御参加いただき,普段は立ち入ることのできない現場を見学していただきました。

1 都市計画局が担当する現場

(1) 実施日時:令和2年2月14日(金)
(2) 見学場所:南部クリーンセンター

新しく完成した施設のジオラマで京都市の環境技術を学びました。

職員の説明を聞きながら,大規模設備や,ごみの処理過程を見学しました。

 

 

2 交通局が担当する現場

(1)実施日時:令和2年2月12日(水)
(2)見学場所:地下鉄醍醐駅(車両工場,駅設備)

まず入ることのない駅の車庫内。車両の整備現場で職員から説明を受けながら見学しました。

駅の機械設備を見学している様子。興味津々で見入っていました。

 

 

3 上下水道局が担当する現場①

(1) 実施日時:令和2年2月13日(木)
(2) 見学場所:松ヶ崎浄水場
※電気職,機械職だけでなく,土木職,化学職も対象のコースです。

大迫力の浄水処理施設では,処理過程を見学しました。

普段立ち入ることのない施設の内部まで見学。楽しみながら,処理施設の業務を学びました。

 

4 上下水道局が担当する現場②

(1) 実施日時:令和2年2月18日(火)
(2) 見学場所:鳥羽水環境保全センター
※電気職,機械職だけでなく,土木職,化学職も対象のコースです。

職員と一緒に浄水の処理過程や貯水タンクなどを見学しました

見学後の座談会では,なかなか普段聞くことのできないことを直接職員に聞くことができ,たくさん交流することができました。