令和3年度
部長級(免許・資格職(薬剤師))
環境政策局 環境企画部 環境技術担当部長 中村 正樹 Nakamura Masaki 平成2年度採用

明日の京都のために,これまでにない課題に意欲的に取り組む

 人々の健康を守る仕事を通して生まれ育った京都市のために役立ちたいと思い,薬剤師として京都市に入庁して30年が経ちました。これまで主に保健福祉関連の部署に在籍し,食品衛生や感染症に関する業務に携わってきました。
 これまでの歩みを振り返ると,前例のない課題への取組が多かったように思います。平成8年にO157が猛威を振るった時には,健康危機対策の最前線である保健所で,不安に陥った市民の方に安心していただくための対応に奔走しました。その7年後に鳥インフルエンザが全国で初めて京都府丹波で発生した際には,3日で160万枚のチラシを作成し,全戸に配布したことや,平成21年には新型インフルエンザが世界的に流行し,相談センターの開設や医師会等との対応,市内主要医療機関での発熱外来の開設など中心的に対応しました。
 いずれの事例についても薬剤師の知識が役立ったものの,分からないことが幾つもありました。そのときに学んだのが,市役所内だけにとどまらず,医療機関や大学の研究機関など民間の方々と連携して課題解決に挑むという姿勢です。官・民が共に汗をかいて初めて,市民の方々の安全確保につながるということを改めて肝に銘じました。
 そして今,京都の豊かな自然や文化が,世代を超えて継承されることを目的とした生物多様性という取組に携わっています。京都の産業や観光,文化は生物多様性の恩恵を受け成り立ってきました。この多様な生物が生きていける環境を保全し,地域振興や市民の方の健やかな暮らしを守るため,市役所の枠を超えて一つひとつ課題解決に取り組んでいます。前例のないことだからこそ,挑む意味がある。そう思う人はぜひ,京都市で力を発揮してください。

主な経歴

所属 時期 備考
衛生局 南保健所 衛生課  H2~  
衛生局 上京保健所 衛生課  H5~  
環境保健局 衛生公害研究所  H9~  
保健福祉局 保健衛生推進室
生活衛生課
H12~  
保健福祉局
保健衛生推進室 地域医療課
H19~担当係長
H20~保健医療課
   感染症予防第一係長
H24~課長補佐
H16~ 係長級
課長補佐級
環境政策局 環境企画部
環境管理課 課長補佐
 H25~ 課長補佐級
中京区役所
保健部 衛生課長
 H26~ 課長級
保健福祉局
保健衛生推進室 保健医療課
健康危機対策担当課長
H27~ 課長級
保健福祉局 医療衛生推進室
健康安全課長
 H29~ 課長級
環境政策局 環境企画部
環境技術担当部長
H30~ 部長級