技術職の公務員をご存知ですか?
技術職の公務員は,皆さんの日常生活と密接に関わる仕事をしています。
日常的に使用する道路,河川,地下鉄や上下水道などのインフラをはじめ,多くの市有施設の整備や維持・修繕を行い,まちの景観の保全や都市計画を進めるようなスケールの大きな仕事をしています。他にも,水質管理や,農業技術の改良,郊外の監視・対策等に従事する職種もあり,技術職の職員は,市民の暮らし,まちの安心・安全を守るために欠かすことのできない仕事を担っています。

京都市では土木職,建築職,電気職,機械職,化学職,造園職,畜水産(畜産)職,農業職,農林整備職,環境職,土木保全職が働いており,こちらのページから職務内容を確認できます。

土木職 建築職
電気職 機械職

技術職の先輩職員も掲載中のパンフレットはこちら

先輩職員の声

パンフレット以外にも,京都市で働く先輩職員に仕事内容,就職先として京都市を選んだ理由,仕事のやりがいなどを語ってもらう「先輩職員の声」を掲載しています。ひとことに「○○職」と言っても様々な仕事がありますので,ぜひご覧ください。

 

職員採用試験

京都市で技術職員として働くためには「職員採用試験」を受験し,合格する必要があります。
技術職員に関係する試験は年4回実施されており,以下のとおりです。
また,「受験案内」のページから,過去の受験案内を確認することもできます。

試験実施時期 受験案内公表
・申込受付開始
対象となる職種 試験の特徴
4月実施試験(4月17日) 3月1日 ・上級1一般技術職(土木)<先行実施枠> 特別な公務員試験対策試験不要で,民間企業を志望されている方・転職希望者の方にも受験しやすい試験内容です。
6月実施試験(6月19日) 5月16日 ・上級1一般技術職
 ※募集職種は受験案内で確認してください
大卒程度の公務員試験です。
9月実施試験(9月25日) (受験案内公表)
6月16日
(申込み受付開始)
8月10日
・中級一般技術職
 ※募集職種は受験案内で確認してください
高卒程度の公務員試験です。
11月実施試験(11月27日) 10月3日 ・民間企業等職務経験者 一般技術職
 ※募集職種は受験案内で確認してください
・中級一般技術職(土木保全)

・民間企業等で職務経験のある方を対象とした試験です。年齢要件のほかに,職務経験年数の要件があります。

・中級一般技術職は高卒程度の公務員試験です。

※ いずれも採用日は令和5年4月1日です。
※ 「大卒程度」「高卒程度」と記載があるのは問題の難易度を示しており,学歴要件ではありません。

 

ガイダンス情報

直接,働いている職員から話を聞きたい!というご要望に応えるため,京都市人事委員会事務局では合同企業説明会・大学主催ガイダンスなどへ参加しています。
現在,参加の決まっているガイダンス情報はこちらから
(「備考」欄に記載されているのが,ガイダンスに参加する職員の職種です)