これまでに出題した作文試験課題(令和3~4年度)

令和4年度

5月に実施した試験

○上級Ⅰ一般事務職<京都方式>

 設問1、設問2についてあなたの考えを述べてください。ただし、解答は、合わせて900字以内とします。

 京都市は「人と企業に選ばれる好循環都市の実現」のために、令和4年度「都市の成長戦略」を定め、その具体的アクションとして、次の「7つのリーディング・チャレンジ」に取り組んでいます。

<「都市の成長戦略」の7つのリーディング・チャレンジ>
1.京都の求心力を受け止める空間づくりプロジェクト
2.京都アート・エコシステム実現プロジェクト
3.「持続可能な京都観光」推進プロジェクト
4.ESG投融資を呼び込むプロジェクト
5.「木の文化都市・京都」として人や投資を呼び込むプロジェクト
6.京都市の特性・強みを活かした、公民連携による企業誘致プロジェクト
7.京都デジタル文化・経済圏創出プロジェクト

 この中の1つに「6.京都市の特性・強みを活かした、公民連携による企業誘致プロジェクト」があります。
 このプロジェクトは、担税力強化、ひいては京都経済の活性化を図るため、本市の特性・強み(※)を活かし、多様な民間活力とも連携しながら、産業界の動向や企業立地ニーズの把握・分析・研究を行い、ターゲットを意識した企業誘致(市外企業の誘致及び地域企業の事業拡大)を展開するものです。
 また、それを支える企業誘致に特化した専門チームを設置し、東京圏はもとより、世界を視野に入れ、京都の求心力を受け止める空間づくりプロジェクトにより創出されたスペースに企業を誘致しようとしています。

(※)ビジネス拠点としての本市の特性・強みの例
 ⑴ 歴史と文化に彩られた京都ブランド
   芸術や伝統、歴史的な街並み景観等の有形無形の文化が育まれ、学識経験者、外国人等が移り住み、多様な人が集まっています。
 ⑵ イノベーションを生み出す源泉(人材の宝庫・知の集積地)
   38の大学・短期大学があり、大学立地数及び市内で学ぶ学生数の割合は政令市の中でトップです。また、公的な産業支援機関や研究施設も立地しています。
 ⑶ 職住近接のコンパクトシティ(暮らしやすいまち)
   京都市内は、職と住が近接しており、多くの人が徒歩や自転車で通勤しています。市バス・市営地下鉄・JR・私鉄の公共交通も充実しています。また、歴史的な町並みや老舗、個性豊かな喫茶店や個人商店、山・川や緑にも触れられる環境の豊かさも徒歩圏内に立地しています。
 ⑷ ビジネス視点での豊富な京都ロケーション
   京都駅周辺(京都の玄関口)、四条烏丸~烏丸御池周辺(京都の中心となるオフィス街)、京都リサーチパーク地区(産学公連携や新産業創出の拠点)、桂イノベーションパーク地区(産学連携の知的産業創造拠点)、らくなん進都(高度集積地区。最先端のものづくり産業が集積する拠点)、伏見・横大路地区(工業地域など大規模な産業用地エリア)など、地域特性があります。
 ⑸ 良好なアクセス・災害の少ない街
   市内には、JR、私鉄各線のネットワークが整っており、大阪や神戸などの周辺都市へのアクセスが良好なほか、京都駅には東海道新幹線の全列車が停車し、東京圏にも日帰りで往来できます。また、大規模地震の発生確率は低く、臨海部もないため、津波被害の想定はありません(地震調査研究推進本部(文科省)による調査)。
 ⑹ 充実した企業立地支援制度
   市内へ本社、生産拠点、研究所、オフィス等を立地する企業に対して、補助金による資金面の支援のほか、現地見学等のサポート、用地や人材の確保に向けた支援など、ハードからソフトまで様々な支援を行っています。

設問1
 前述の「企業誘致プロジェクト」において、あなたが専門チームの担当ならどの業種の企業誘致を計画し、京都の強みをどのように活かしますか。業種は下記の選択肢の中から選び述べてください。
※選んだ業種は試験用紙の課題欄に記入してください。(複数選択可)

(選択肢一覧)
・農業、林業        ・建設業          ・製造業            
・情報通信業        ・卸売業、小売業      ・サービス業
・金融業、保険業      ・不動産業、物品賃貸業   ・学術研究、専門技術サービス業
・宿泊業、飲食サービス業  ・娯楽業          ・教育、学習支援業
・医療、福祉                           出展:総務省「日本標準産業分類」から抜粋

設問2
 あなたが京都市職員だったとして、設問1の計画を進めるうえで、組織の中でこれまで身に付けた経験・能力・知識をどのように活かせると考えますか。具体的に述べてください。

 

6月に実施した試験

○上級Ⅰ一般事務職、一般技術職、消防職、上級Ⅱ、免許・資格職等

あなたにとって働くこととはどういうことかとそのような考えに至った具体的なエピソードを交えて述べてください。(600字以内)

○民間企業等職務経験者<ICT・デジタル枠>

過去7年間の職務経験の中で、ICTに関する技術や専門性を発揮し、業務の改善を図った出来事について、あなたの担った役割も含めて具体的に述べてください。(600字以内)

○障害のある方を対象とした試験

「最近5年間で自分らしさが最も発揮できたとき(こと)」と、自分らしいと感じる理由について、具体的なエピソードを交えて述べてください。(600字以内)

 

9月に実施した試験

○中級一般事務職、中級一般技術職、消防職、学校事務職、免許・資格職

あなたが自分自身について、改善したいと考えていることを挙げ、改善のために、どのような努力をしていくか具体的に述べよ。(600字以内)

○障害のある方を対象とした試験

身近な人との関わりから学んだことと、それを自分にどのように活かしているか。(600字以内)

 

11月に実施した試験

○民間企業等職務経験者

あなたがこれまでに、上司や先輩等から、職務上、改善を要する点について助言・指導を受けた事柄をひとつ挙げ、その後あなたがどのように行動したかを具体的に述べてください。(600字以内)

○上級Ⅰ一般技術職

最近5年間で、人との関わりの中で苦労したことと、その経験から学んだこと。(600字以内)

○中級一般技術職(土木保全)

これまでの先輩(上司)や後輩(部下)との関わりの中で、他者と意見が異なるときにどう対処してきたか。(600字以内)

○総合環境推進員

子どもたちにごみ減量や分別の推進について理解を深めてもらうために、具体的にどのような取組が効果的か、自身のこれまでの経験を踏まえ、考えを述べよ。(600字以内)

 

令和3年度

5月に実施した試験

○上級Ⅰ一般事務職<京都方式>

(設問1)
 京都市が積極的にICTを活用するのが望ましいと考えられる分野は何ですか。以下の文を読んだうえで下枠から1つ分野を選び,解答用紙の「課題」欄に記入してください。また,その分野であなたが推進したい取組を述べてください

 デジタル社会の形成に関する施策を迅速かつ重点的に推進するため,内閣にデジタル庁が令和3年9月1日に設置される予定です。京都市においても国や他都市の動向も踏まえつつ,人に優しいデジタル化の取組を全庁的に進め,市民サービスの向上や行政の効率化などを図るため,今年度から総合企画局に「デジタル化戦略室」を設置しました。
 そこで,今後ますます重要になってくるのがICTの浸透によって人々の生活をあらゆる面でよりよい方向に変化させるデジタルトランスフォーメーション(※1)の推進です。また,AI,ロボット,ビッグデータなど近年急速に進展している第4次産業革命のイノベーションを取り入れ,経済発展と社会的課題の解決を両立するSociety5.0(※2)の実現や生産性の向上,働き方改革等を推進していくことも必要です。

※1…「デジタルトランスフォーメーション」
  進化したデジタル技術が浸透・普及することで,人々の生活をあらゆる面でより良いものに変革していくこと。

※2…「Society5.0」
  AIやIoT,ロボット,ビッグデータなどの革新技術をあらゆる産業や社会に取り入れることにより実現する新たな未来社会の姿。

(いずれか1つ分野を選択)
市民サービスの向上,文化の振興,産業の成長促進,防災・減災力の向上,地域コミュニティの活性化

(設問2)
 行政が新規事業を実施する際,立場の違いから反対意見や否定的な意見が出てくることが予想されます。その時にあなたがどのように乗り越えていくか,あなた自身の経験を踏まえて述べてください。

 

6月に実施した試験

○上級Ⅰ一般事務職,一般技術職,消防職,上級Ⅱ,免許・資格職等

最近5年間で,失敗した出来事と,その失敗に対してどのように対処したか,また,同じ失敗をしないように心がけていること。(600字以内)

○障害のある方を対象とした試験

最近5年間でチャレンジしたことと,その経験から学んだこと(600字以内)

 

9月に実施した試験

○中級一般事務職,中級一般技術職,消防職,学校事務職,免許・資格職

最近3年間で,他者と協力してやり遂げた経験と,その経験から学んだこと(600字以内)

○障害のある方を対象とした試験

最近3年間で,自分らしさが最も発揮できた経験とその理由(600字以内)

 

11月に実施した試験

○民間企業等職務経験者

過去7年間の職務経験の中で,あなたが組織の中心となって業務を改革した経験を挙げ,そこでどのような役割を果たしたのか具体的に述べてください。(600字以内)

○民間企業等職務経験者<ICT・デジタル枠>

過去7年間の職務経験のうち,技術的に最も困難と感じた職務内容とその理由,また,それをどのようにして乗り越えたかを,それぞれ具体的に述べなさい。(600字以内)

○青年海外協力隊等活動経験者

青年海外協力隊等における活動経験の中で,他者と協働して課題を克服した経験を挙げ,そこでどのような役割を果たし,何を心がけていたか具体的に述べてください。(600字以内)